学校向け出前講座

キャリア支援講座(出前就職支援講座)

職業意識や社会力、自立心を早い時期から身につけさせるために、高等学校へ講師を派遣しキャリア支援講座(出前講座)を行います。

申込み方法

下記pdfファイル「キャリア支援講座申込書」をダウンロードし、Faxでお申し込みください。
Fax.076-445-1997
i_dl平成29年度キャリア支援講座申込書(PDF)

申込にあたっての注意
  1. 原則として、クラスごとに講師1名(約40名で1名)にて実施いたします。
  2. 無料で実施いたします。
    ただし、講義中は、各クラスに担当教師1名以上の同席をお願いします。実施後、教師・生徒とも、講座に関するアンケートに答えていただきます。
  3. 学校から講師を指定することはできません。
  4. 講義の時間は、1時間程度を目安としています。
  5. 事前打ち合わせは、開催日の1週間前までには完了します。(訪問・電話・メール等)
  6. 予定講座数に達した場合は終了とします。お早めにお申し込みください。

また、下記以外の講座のご希望がありましたら、ご相談に応じます。

講座内容

この出前講座では、進路を考えるにあたって必要な知識や情報を伝え、数年後社会人として活躍できるようワークやトレーニングを行います。

生徒向け講座

進学・就職を問わず、今学ぶ必要がある内容を提案します。

講座名 内 容
職業選択と進路選択 「自分の進路は自分で考える」を将来の職業と絡めて考えることを学びます。
就活時期になると、「自分にはどんな仕事が向いているのだろう」「自分は何をしたいのだろう」と大学生や大学院生、短大・専門学校生が相談に訪れます。これは自分の進路について、どれぐらいの“納得感”を持って進学したかと関係します。
就活では、自己と職業、自己と企業とのマッチングを図ります。そこで、学校・専攻も職業選びに影響します。また、働くこと自体のイメージも持てていないという現状があります。
就職活動の時期に入って、職業観を養い、何をしようと考え始めるのでは遅いといえます。中学の「14歳の挑戦」から始まり、高校、大学とStepを踏む必要を感じています。
社会人になるためのマナーとコミュニケーション 企業は、就活生のどこを見ているか・・・言葉遣いや態度、人としての基礎的な資質を注視しています。
気持ちのよい関係性を保つマナーとコミュニケーションを学びます。
マナーとは何か、コミュニケーションとは何か、それらはどうして必要なのか、を理解し、トレーニングします。
社会人になってから戸惑わないようにするための準備講座です。
保護者向け講座
講座名 内 容
若者の就職活動の実態 進路について親子で話し合いはできていますか?
親は一方的に話していませんか?
子供は将来について考えようとしていますか?
子供は親に相談という形で向き合ってきますか?
また、親は子供と向き合う機会を作っていますか?
ヤングジョブとやまに相談にくる学生の中には、「就職するのが不安」「正社員は大変だからなりたくない」「自分では決められない」など、ニートになっていきそうな状況の人も少なくありません。
いわゆる「就職活動でつまづく」という現状です。
いい成績、いい学校、だから大丈夫という考えは通用しません。
就職に向けての準備は、大学選びと同時に考えていただくための講座です。